一休みをしようと思ってリビングでアイスを食べ始めると‥

痛いほどの視線‥

「無理 無理 無理 💦💦💦」

あんな視線の中では食べた気がしない。


私たちの3回の食事は絶対に見ないで静かに待っているのに、おやつは別らしい。

本当は休憩時間をラブと共有して、おやつも分け与えたいのだけれど、何しろアイスだから‥。

ラブは減量中であることと、一度味をしめると次回もまた

「ちょっと ちょうだい」

のアピールが始まるから与える訳にはいかない‥。



と、思ってはいても‥

結局アイスの棒に付いた最後のひと舐めをラブに提供してしまった。

IMG_0947


IMG_0948


IMG_0949


IMG_0953


IMG_0951