2019年04月

散歩の準備をしているパパ待ち
9336EC2E-85DD-4F76-9D92-8655B7B97817


散歩用のバッグの中に水とボールと水飲み器をを入れている間、ラブはこの場所で
『Stay』中。

E4DAFC88-6A9C-4983-9A48-9D2A4BCDFA97


この時間が長過ぎると鼻を鳴らして文句を言うけれど、
大体は我慢して待っている。


ちゃっかり玄関を覗きに行くと
『Stay』のやり直しになるけど、

それはそれで可愛い。


いってらっしゃい
28DD9F55-1BB7-4CFB-AAAA-3C7103296776



私との散歩は、

いっぱい歩くには歩くけど、そのあと
写真撮影があるから、それもラブには我慢の時間。


1BE34C2E-88A5-466F-AEA4-C651C7366869


EDC69357-499A-46B7-ACA2-65FDC8237BC1


あっち向いたりこっち向いたりして落ち着かないけど
我慢して協力はしてくれる
F8F37817-10FD-478E-88B5-DD2001866E62


5D5A1A4A-F50F-4B2A-85A2-4310F2972E3A



BA14E0A4-7AB4-4E09-BC4C-2FA43DAC508A


写真撮ってばっかりでごめんね〜。

大型犬を、コマンドとリードで操って
『良きパートナー』に仕上げることが理想。



でも、


その思いとはまた別に


臆病で、やんちゃで、食いしん坊のラブも
いていいような気がする‥。


『吠える』のは困るけれど、

条件で引っ張るのは

許せる範囲かなぁ‥、と思ってみたりもする。



葛藤の日々。


だから、

トレーニングも一貫性に欠ける。



ジャックスくんのことが大好きで、片時もそばを離れたくないと思っているラブ
FD52E2F8-E0D7-41C5-A736-6546F873CB66



歩くのも、並んでくっ付いて歩幅を合わせたいと思っているラブ
86BD9D0D-0480-4B0B-B342-5C4ECF6DA901


こうしてティーちゃん待ち♡
19750DA5-CEE9-4DF3-AB6A-FF79D69971E4



賢くて普段とっても静かなティーちゃんだけど、
こうして飛び込んでくる姿が たまらなく可愛い♡
EA8DD61F-93AC-4B20-90D6-57A6197CB930



再会の喜び
74C396F9-22ED-4B02-BB2C-A5D901A07112



こんな風に、
3頭で身体いっぱいに喜びを表現する姿が好き。


いっぱい喜んだら

時期落ち着くから。

AF8AFA41-8053-4AF1-9F25-8017A7352557


EBB31F1C-EB40-48B9-9FE4-CFCED67AF22F



コマンドとリードで操らなくても

私の想いがラブに伝わったらいいのにな‥。

(そこまでは伝わらないけど




ハナミズキと3頭
48F81EA6-A01D-4704-A688-39583A7ED162


F225A25D-583A-465A-92A5-25ABCFF132A3


菜の花とラブ
8861C797-4E51-44B0-B7A6-BF9661A8ECDF


撮影は協力的
987E8399-5D24-4FE6-9A27-D5296D3D96EC


5FC40869-BD70-458F-8A09-8F736152ACF8


一貫性のないママでごめんね〜

桜はほぼ散ったけれど、

今年もラブと一緒にたくさんの桜を楽しむことができた。


あ、まだ少し残ってる
115099E8-9E13-4BD1-9C88-BE2699044F0A



花びらのじゅうたん
5206022F-86BE-4305-B41B-60744D3CC299


AEBBDD00-2353-471C-B97A-E117F0BFC39A





この写真の数日前、


写真を撮ろうと思って、リードを固定したら、
この↓ジョイント(?)に
9AA69BAD-3EA2-403A-8E88-AC4DE9430F4F


ラブが足を挟んでしまって、

鋭利(というほどではないか)な部分が足に食い込んだ、というアクシデントがあった。


その日は、

ジャックスくんママと、ティーちゃんママが一緒だったから、

とても助けられて、


あれこれやっていただいているうちに

スポッと抜けて

一件落着だったけれど、



ラブが痛がってヒーヒー鼻を鳴らしている姿を思い出すと、

今でも汗が吹き出そう。



こんなアクシデントは、

これからもあるんだろうな‥。






それと、


その日とは別の日に

これまたジャックスくんとティーちゃんと一緒に散歩をした時。


ラブは大はしゃぎで、


2人(頭)から離れたくないからと、力の限りに私を引っ張りまわし、

ヘットヘトで帰宅したことがあった。


86F75A27-CC54-4372-9A21-13C7EC933CE3


E2C6D679-E924-4B51-85BF-2FF4DA8132B2


5EE0C3FE-0D2D-4704-A6C7-0FCE5A767C06



翌朝

ラブはまだ疲れ切っていて、

私が
「おはよう」

と言っても眠そうにしていて(ウケる)。



「散歩は?」「散歩は?」

の催促もない。





その日の散歩は

行って帰るまで、1㎜も引っ張らなかった。


散歩中も常に私の側を離れずに、

借りてきた猫のよう。


6C9E46A1-E4BB-4415-9B70-66D0B5F68567

↑私より少しだけ先に出ているけど
リードはたるんだまま。

散歩中ずっと。




私は‥


・普段の散歩が足りないんじゃないか‥

・本当はいっぱい走る必要があるんじゃないか‥


とちょっぴり自分を責めた。



だけど、


絶対にそれはないと信じたい。




そして、


そのことをきっかけに

私は自分を振り返り、


『初心に戻ってラブと私の在り方を考えよう』

と反省した。





何もなくて、闇雲に引っ張ることはないけれど

条件によっては力の限りに引っ張るラブ。





それは、

走っていないからでも、散歩が足りないからでもなくて、


私が許していたから。





それを許さないパパとの散歩では引っ張らない。



困った問題行動と決め付けて、ラブの個体のせいにしていたけれど、


実は、中途半端な私のせいだったんだと思う。



いろんな人たちから知恵を借りて、

パパとも歩幅を合わせて、


『私』がやっていかなきゃな〜、と反省。


C6B2D066-2A78-476D-B411-35DEB62BFA4C

↑夏バージョンにしたけど まだ寒いし
何より狭そう


で、隙あればソファ
8144A5A0-9CDD-43ED-96DA-3A3B9ED4A144



『私』が頑張らなきゃ





花見客で賑わう場所にラブを連れて行くと大騒ぎして大変そうだから、

出店のない場所でラブとお花見。


4F4672D4-38B4-40B4-B37D-06216F5870C6


今年も満開になった桜
00BFFD2D-803D-4B3F-B80C-5F1FCB5156C7


ネコさんにも出会い
0138BB84-DE77-47FC-9680-7D0878DF56D6


「ママ〜、ネコさんだねー」
C7A0B4ED-FE7F-44CF-B28D-BCA2993211F9


それよりラブの顔が怪獣みたいだよー。



桜越しのラブ
68444C8B-A81A-422A-B2E5-8ECFE4E5F620


6694715E-2642-4637-995C-78DA097070E6



ラブは、花より団子(草)
8B9EF1B4-1409-4DB5-9763-8A9ABEA88BB0


傾斜のある場所でも撮影に協力してくれて‥
0DC67557-3D93-407D-A5B4-635C2B3812B5



結構踏ん張ってくれて 笑
237486C6-836B-4BAA-93C4-250E82E1B53C


59061851-68CF-40BF-888B-03C5594B2861


59A6A238-47AA-4D3F-8C77-A3F1497C97E9



庭のチューリップも満開
C80CF2FF-6629-406E-B9A9-10E35B99DB03



桜満開。


今年も散り切るまでラブと楽しまなきゃ。

↑このページのトップヘ