現在食べさせているドッグフードは1ヶ月13kg位の量を必要とする。

初めは、ブリーダーさんのお勧めの物を与えていたが、ネットや書籍や店頭などでたくさんの情報を仕入れた結果、添加物が少ない現在の物で落ち着いた。

それでも「完全無添加」を主張する商品や、個人でオリジナルで作っている商品など、その数をあげたらキリがない位の種類がある。

価格も、ラブが1ヶ月食べる量で数千円〜十数万円になるんじゃないかと思われる商品もある。

究極は、飼い主が自ら手作りする‥。

そんなのもあった。

そこである日、私たちも手作りのドッグフード作りを試みた。

犬にとっての必要な栄養素と逆に摂取してはいけない食材などをネットで調べながら、自分たちなりに作ってみた。

脂肪分の少ない牛のモモ肉や鶏胸肉などをボイルして、野菜を混ぜて‥
などと。

決して、私たちが食する物の残飯ではなくて、ラブだけのために作った‘ご馳走’のつもり。

そもそもラブは何でも食べる。

アレルギーもなければ、偏食もない。
わがままも言わない。
要求もしない。

与えられた物は、美味しそうに食べる。


そこで、

私たちは学んだ。

オーガニックの食材を使い、無添加で作られたものは優れたフードかもしれない。
生肉をボイルして、毎回愛情たっぷりのの手作りフードは、他に勝る物はないかもしれない。

でも、生あるものは、必ず終わりがある訳で、何をどのように食べたから‥
といっても、数年の違いもないんだと思う。

大型犬の寿命は10年ちょっと。

それに、高額なペットフードが良いというのも疑問。

オーガニックで無添加のフードを与えていることと愛情も比例しないと思う。

経済的な理由で、安価なフードを与えているからといって、愛情がないとは決して言えない。

私は、ラブが美味しそうに嬉しそうに食べる姿がたまらなく好き。

私たちが『これだ』というフードを選び、与える。

たまに、肉をボイルしてトッピングする。

大切なことは、そこに“想い”があることだと思う。

私たち消費者は、どんな原料で、どのようにフードを作っているかわからない。

食品表示法は、人間とペットとは多少異なるのだと思うから、飼い主である私たちは、ある程度の管理をしていきたい。

何でも美味しそうに食べるラブだからこそ、

『何でもいい』

のではなくて、私たちなりに選んで与えたい。

そして、時々サプライズでのトッピングも‥

その時その時を楽しんでいきたい。




IMG_7334


IMG_7309


IMG_7330